ヨメコ

近いうちに絶対に来ると言われている南海トラフ巨大地震。東日本大震災よりも大きな被害をもたらすと言われているわ。
地震対策には、耐震はもちろんだけど、制震ということもちゃんと考えた方がいいそうよ。制震とは地震のエネルギーを吸収して、揺れを抑えるという考え方で、高層ビルにも採用されているの。
同じようによく知られている免震は、住宅用はあってもとても高価。でも、制震なら住宅用でコストもそれに合わせた技術が確立されているのよ。
それから、耐震性能3を目指すよりも、「耐震2+制震」の方が間取りの自由度もあるから理想の家づくりができそうね。

地震エネルギーを吸収し、揺れを抑える初の「制震装置」

性能の秘密は、新開発の「変位拡大機構」

「制震」とは、日本全国の斜張橋や高層ビルなどに採用されている、最新の揺れ防止技術です。
在来木造用「制震装置」は、センターフレームと制震ダンパーで構成。建物に地震の力がかかると、テコの原理を応用してセンターフレームが地震エネルギーを効果的に制震ダンパーへ伝達。「高減衰ゴム」が伸縮しながら地震のエネルギーを熱エネルギーに変換・吸収し、揺れを抑えます。

レーシングタイヤの開発技術から生まれた、最先端技術「高減衰ゴム」で運動エネルギーを熱に変換

「制震装置」の制震ダンパーには、SRIハイブリッド社の技術を応用し、初めて戸建住宅用として開発された「高減衰ゴム」を使用しています。これは天然ゴムに特殊充填材などを混合してつくられたもの。SRIハイブリッド社がカーレースの過酷な環境で培ってきた、レーシングタイヤの開発技術を応用して生まれました。「高減衰ゴム」はゴムに加わった変形を熱エネルギーに変換することで、震動を吸収。
大きさ3cm.×3cm.、厚み2cm.の2枚の「高減衰ゴム」が3枚の鋼板にはさまれる形で制震ダンパーにセットされ、建物にかかる運動エネルギーを熱に変換し、揺れ幅を最大約50%も軽減します。

約100年の耐久性を誇り、壁の内部で劣化も防止鋼板との接着も驚くほど強固です

「高減衰ゴム」は繰り返し疲労特性にすぐれ、±25%の歪みで行った1000万回の疲労実験をクリアしています。また促進劣化実験では、約100年相当の耐久性が認められています。引っ張り伸びは通常のゴムの約2倍。伸びでもすぐに元の位置に戻ります。さらに「高減衰ゴム」は内壁内部に設置された「制震装置」に組み込まれているため、温度変化や紫外線による影響をほとんど受けません。ゴムの表面を保護するため耐候性ゴム層を設け、酸化による劣化も防止。「高減衰ゴム」と金属板は、独自の技術で強固に接着。繰り返し襲う大地震にも、いつまでも変わらぬ性能を発揮することができます。

住まいは、「安全+安心」のために”巨大地震対策が不可欠”

今、住んでいる所では「巨大地震は起こらない」と思っていませんか?

  • 発生の時期や場所を正確に予測することはできません。
  • 阪神淡路大震災をはじめ、発生の可能性が低いといわれている場所で大地震が起こっています。

住宅は「耐震性能を満たしていれば地震に安全」と思っていませんか?

  • 「建物の倒壊を免れた」だけでは決して安全ではないのです。
  • 家は家族を守り、「制震」は家を守ります

「地震保険に加入しているから安心」と思っていませんか?

  • 一部損壊で支払われる保険金は「5%」です。
  • 阪神・淡路大震災で罹災された方の補修のための借入額は平均724万円.(防災白書、災害復興住宅資金貸付(住宅金融公庫)平成8~13年)
  • 耐震は家の倒壊しない最低限の保証です。巨大地震により倒壊せず命が守れても、一部損傷、家具・家電の転倒等で多大な補修費がかかる恐れがあります。

すべての揺れにブレーキを掛けたい!

どうせ付けるなら「免震装置」と思っていませんか?

  • 免震装置は性能的に優れていますが、非常に限られた条件下の敷地・住宅にしか設置できません。MGEO-Nは敷地や住宅を選びません。
  • 「免震装置」は一般的に250~400万円のコストがかかります。

「どの制震装置も同じ!価格が安い方が良い」と思っていませんか?

  • MGEO-Nは「アルミ」「天然ゴム+耐候性ゴム被覆」で100年以上の耐久性
  • MGEO-Nは中小地震や台風の「揺れ」にも制震効果を発揮します
    (揺れの変形を装置の中で増幅させ、制震するテコの原理)
  • MGEO-Nは繰返し効果を持続(震度6レベルの大余震にも効果を発揮します)

「性能の違いは機構で施工は関係ない」と思っていませんか?

  • MGEO-Nは現場施工のバラツキによる性能低下を起こさないよう「工場でパネル化」。品質管理の行き届いた工場で、大部分の作業が完了します。
  • 70~200㎡の建物であれば、1階に2箇所の設置で十分な性能を発揮します。パネル化と併せ、煩雑な工事も必要なく、短期間での施工を可能にしています。
  • 現場施工に負担をかけないことが、性能を十分発揮するための大切な要素だと考えています。

巨大地震、それは明日かもしれない!

甚大な被害をもたらした1995年の阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)から20年が経ちました。東日本大震災から4年が経ちました。その間も鳥取県西部地震・中越地震などマグニチュード7を超える大地震が起きています。さらに東海地震や首都圏を襲う南関東地震などは、いつ起きても不思議ではないといわれています。しかし、日常的に地震のことを考え続けることは、大変難しいことです。
新しく家を建てる際に、万全の備えをご提案いたします。

「免震」は都市部や軟弱地盤に設置することがむずかしく、プランニングに一部制限があります。

軟弱地盤などでは設置が困難です。
軒先から隣地境界まで、50cm.程度必要です。
中小地震や台風対策に課題があり、ビルトインガレージや地下室が設置できない場合もあります。

大地震や大余震、台風・暴風まで繰り返し効果を発揮します。

地震の脅威は一度だけとは限りません。大地震が発生した後も、ほぼ同規模の大きな余震が立て続けに襲ってくるケースも多く見られます。「MGEO-N」は地震に対し、繰り返し効果を持続できるすぐれた耐久性と耐候性を備えているので安心です。さらに、中小地震はもちろん、大型台風や暴風に対しても高い減衰効果を発揮します。