ヨメコ

家づくりは建物のデザインや間取り、そして性能だけに一所懸命になりがち。でも、その家が建つ地盤も大事だから、しっかり調べておかなくちゃ!
家を建てる時にしか関心を持たれない地盤調査だから、この機会にきちんと勉強しておきましょう。
敷地の近隣のエリアが、どんな地盤の傾向かが分かる事前情報は無料で提供してもらえるから、土地購入前にチェックしておくといいわね。
ただし、地盤というのは、それまでに住宅用地だったか田んぼだったかによっても強度が違うもの。だから、事前調査で安心せず、きちんと費用をかけて地盤調査をすることが、家づくりの第一歩になるってことも知っておかないとね。

地盤に関する4つの約束

夢のマイホーム「使い勝手の良い明るいキッチン」
「ゆっくりくつろげる書斎」など・・・と夢は広がります。
しかし、耐久性があってこその夢のマイホームです。
これからマイホームをご予定されている皆様。1度だけ真剣に地盤について お考え下さい。
末永く安全、安心に家族明るく住んでほしい。
そのための地盤に関する4つの約束です。

1.建築用地の事前情報を提供します。

資金計画のお役立ちになります。

昨今では建築前に地盤調査を行う事は当たり前です。しかし、契約後に地盤調査を行い 多額の杭工事が必要と判断されたら・・・
事前情報を入手する事により、地盤補強工事の必要性や概算の工事費を事前に把握する事により資金計画に誤差が生じ難くなります。

土地購入の目安に活用いただけます。

土地を購入する際、{立地条件」と共に地盤の良否を購入の判断基準として活用いただけます。

2.地盤判定の要!土質までも明らかにする次世代調査

現在 行われている最もポピュラーな地盤調査方法「スウェーデン式サウンディング試験」。大手住宅メーカーもこの方法で調査しています。
しかし、この調査方法では大事な情報である「土質」が推定程度でしか分らないのです。 土にはいろいろな種類があります。代表的な物として「粘土」や「砂」が挙げられます。 昔 遊んだ砂場や粘土細工を想い出して下さい。同じ土なのに性格が全く異なるのです。
私達は、この問題に対し土質の分る地盤調査「SDS試験」を標準採用してります。 土質の特性を加味した地盤判定をする事で より適正かつ安全な基礎設計が実現します。

3.改良工事の設計も構造計算に基づき提案

地盤調査をした結果、地盤補強工事が必要と判断されることもあります。
決して安価ではない地盤補強工事に対し、皆様方は 工務店様から出された提案を信じるしかありません。
しかし、複数の地盤改良工事業者に見積り依頼をしてみたら、各社 工法も違えば杭の長さ本数も違う。いったい どれが安全なの?
その問題に対して私達は 構造計算を行い、建物荷重の分布を割出し根拠に基づいた適正なご提案をします。 各社の見積りもそれに沿った形で提示されるので 比較も簡単に行う事が出来るのです。

4.安心の20年サポートシステム

昨今では地盤保証も広く認知されてきました。この地盤保証の保証期間は、品確法で定められた瑕疵担保期間の10年間がまだまだ主流です。
しかし、私達は「土質」が判る調査方法を標準採用している為、情報量と安全性の違いから保証期間は安心の20年保証を実現しています。
これにより、一事故 800~1,000万円と言われる不同沈下事故に対してより長期間の安心が確保されます。