家は間取りが命!20代~30代女子の暮らしアンケート

年末から連載中の「20代~30代女子の暮らしアンケート」の集計、続編です。

ちなみに、第1回は 小さな家がほしい!? 第2回は パントリーはマスト! 第3回は やっぱりパントリー強し!第4回は意外と堅実!?人気の高断熱サッシでした。

今回、集計した質問は・・・「家づくりで重視したいこと」です。

20代~30代女子は、何を重視しているのでしょうか?

家づくりは、間取りが命!

 

圧倒的に票を集めたのが【間取りの魅力】という選択肢でした。
ランキングがどうなっているかというと・・・

  1. 間取りの魅力
  2. 耐震性/立地・利便性
  3. 広さ/デザイン性
  4. 価格・ローン返済額
  5. ゼロエネルギー住宅

ランキング外は、

  • ハウスメーカーや工務店の規模や信頼性
  • 長期優良住宅

でした。

ふむふむ・・・実は、今回のアンケート参加者、これから家を建てる人の割合が多かった。
結果にもそれが反映されているかも?と思うところがあります。

それは、ランク外の「長期優良住宅」と4位の「価格・ローン返済額」の順位が低いことです。

実際に家づくりをはじめると、まず考えなくちゃいけなくなるのが「お金の話」。
予算を考えたり、融資枠を算定してもらったり、ライフプランを踏まえた支払い計画を立てたり・・・
ある程度、見込みが立たないと、心配ですよね。

でも、たいていの人は間取りやデザインの気に入るところをネット検索などで見つけて、プラン提案してもらってから、具体的に資金計画のことを考え始めることが多いです。

そこで、税や住宅ローンの面で有利だったり、年度によっては補助金の対象になる「長期優良住宅」に興味をもつようになるんですよね。
つまり、お金のことを考え始めると「長期優良住宅」にも目が向けられるようになるってワケです。

実際に、話を聞かせていただくお客様も、家についての希望などを聞くヒアリングの段階では「長期優良住宅」の話が出ていなくても、プラン提案をして概算を出したりするタイミングで、

長期優良住宅にした方がいいのでしょうか?」

という話になることも。

資金計画は、必ずしも家づくりが始まる前に完成している必要はありませんが、設計の早い段階で採用するか否かの方向性が見えているとスムーズだと思います。
長期優良住宅にすべきかどうかは、それぞれの要望や資金の状況にもよるので、興味がある場合は、設計の打合せで話題にされるといいと思います。

ちなみに、ヨメイエではプラン提案だけでなく、土地探し資金計画の相談にものれる体制を整えています。
ワンストップサービスとは?

 

ところで、やっぱり一番重視されるのは【間取りの魅力】 なんですよね!
家事動線や、リビングの日当たりなど、家族の暮らしを思い浮かべられるのは、やはり間取りを通して・・・ということになりますもんね!

しかも、間取りには唯一の正解というものがありません。
その家族それぞれにマッチした間取りがあるものです。
満足のいく家にするためには、親身になってくれる建築士やアドバイザーとのコミュニケーションを積極的に取り合うことが大切だと思います。
ヨメイエでは、間取りの要素の名前をつけて、選んで組み立てやすくしています。
間取りを考えるときには、参考にしてみてくださいね!→ヨメイエ暮らしのプラン

2位の耐震性は、当たり前というか東海大地震が将来的に予想される地域では、絶対にハズせないところですよね。
もうひとつの、立地は人によって意見が分かれるところでしょうね。
とにかく、便利に!ということで、駅近の市街地が良い場合もあれば、郊外で平屋を望まれる場合も。
日々の暮らしをイメージして、ストレスにならない選択肢を選べるといいですね。

 

まだまだ認知度がイマイチ、ゼロエネルギー住宅

 

最近では、よくご要望としてあがってくる【ゼロエネルギー住宅】ですが、アンケートでは伸び悩みました。

意外と堅実!?人気の高断熱サッシのTOPICSでも、太陽光発電が伸び悩んだのですが、ゼロエネルギー住宅は太陽光発電が必須なので、なるほど~という結果ですね。

ゼロエネルギー住宅 ゼロエネ住宅

ゼロエネルギー住宅って、みんな聞いたことくらいはあるんじゃないかな?
でも、内容は良く分からない・・・お金も掛かりそうだし、

自分には関係ないかな?

と思っている方がほとんどなんだと思います。

でも、私の考えでは「一度はゼロエネルギー住宅について考えてみてほしい」です。
年度によっては、導入の費用を補填するための補助金がある場合も。
それになんといっても、「あったかくて、すずしくて」「光熱費が掛からない」んです!

月々のローン、7万円で済んだ!って喜んでたら、冷暖房費がかさんで光熱費の合計が3万円に・・・なんてことなら、
初期投資でローンが月10万で光熱費がゼロの方が、住宅の性能が高い分お得だと思いませんか?
光熱費って、消えてなくなっちゃうお金ですもんね。

 

もちろん、それぞれの価値観やフトコロ事情にもよりますので、一概には言えませんが、

ゼロエネルギー住宅を選択肢として一度は考えてみる

ことは、後悔しない家づくりのために必要な事だと思います。

ゼロエネルギー住宅は国が示す方向性でもあります。
そう遠くない将来、ゼロエネルギー住宅が標準的なものになっていくのだと思います。

補助金やローン金利の優遇などは、時期により変動するものです。
今の状況をきちんと確認していくと良いでしょう。

ゼロエネルギー住宅についてもっと知りたい方は、お気軽にお問合せくださいね。

 

ところで、ランキング外となった「メーカーの規模や信頼性」。
大手志向は、まだまだ根強いのかな?と思っていましたが、最近はそうでもないようですね。

ヨメイエも、みなさんに気に入ってもらえるような、

間取りの魅力の引き出しをもっと増やしていけたらいいな!と思っています。

日々の、不満や希望をみなさんとシェアして、良いものを生み出していきたいと思いますので、ドシドシご意見くださいね!
今、話題の不満を買うビジネス、住宅でもやってみると面白いかもしれませんね!