年末年始に役立つ!?アドラー心理学とは。

先日、【アドラー心理学入門~家族のつながりを育むコミュニケーションのコツ~】に参加してきました。
いろいろ勉強になったり、関心したり、納得したり。。。。

アドラー心理学
アドラー心理学/セミナーには、子連れで臨んだので左端に落書きあり。笑

でも、個人的には「来る年末年始に、とっても役に立ちそう!」って思いが一番でした。

え?なんで、年末年始に役立つの!?て思いますよね。

これ、子育て世代限定なのですが、
年末年始といえば。。。子どもが、ずっと家にいる!んです。
そうなんです。大掃除の邪魔されたり、宿題やらなかったり、テレビを長時間みたり。。。

コラッ!

08b35387cad49c3905423d5d83b13c90_s

ってなりませんか?
そういう時に、アドラー心理学を応用して

自分の感情を正しく認識して

自分の感情をどうやって相手に伝えるか

をきちんとしていれば、怒りという猛獣はもっと扱いやすくなる。という事なんですって。
これは、ありがたいですよね。
一次感情と二次感情の関係や「私メッセージ」での表現など、セミナーでは、なるほどな~ということがたくさんありました。

セミナーで得た知識を詳細に公開すると、先生に申し訳ないので、心理学的な背景などの説明は、是非、年明けのセミナーに参加して会得していただくとして、

ちょっとだけ、怒りを爆発させないコツをシェアさせていただきますね!

普段なら

【親の理想を伝える】+(怒りの感情!!!)

 

となるところを、アドラー心理学を意識して

【子どもの行動→親の気持ち】⇒
【私(親)は、こうしたらいいと思うよ(後は子ども次第)】

 

と、置き換えてみてください。具体的には

早く宿題しなさい!!!

 

ではなく

宿題終わってないと心配だから、大晦日までに終わらせた方が良いよ

 

という感じです。

期限の設定は、「早く」というような、親と子で認識にズレが生じそうな表現ではなく、双方が同じ認識が持てる言葉で表現するのがオススメです。

いや~。わたしだって、12月30日くらいまでは、アドラー風にやれてるよー。
でも、始業式の前日には

早く宿題しなさい!!!

 

って言っちゃう状況になるわけよ~、って声が聞こえてきそう。。。(^▽^;)
でもでも、そういうときも【子どもの行動→親の気持ち】で気持ちを表現することから会話を始めてみてくださいね!

『宿題。。。終わってないよね。明日、○○ちゃんが先生に怒られちゃうのかなって思うと心配。。。』

こうやって、自分の感情に向き合うステップを踏むだけでも、ワンクッションおけるので怒りが爆発せずに済むかもしれません。

ということですが、コレ、独自の育児メソッドとして私なりに、とっても噛み砕いちゃってるので、きちんとしたアドラー心理学については、本やセミナーでちゃんと学んでみてくださいねー。

 

これで、ちょっと皆さんの

イラッ!

となる機会が減るといいな。

楽しい年末年始のお役に立てたら嬉しいです!