クリスマスに読みたい絵本~11冊の”The Night Before Christmas”~

明日はクリスマスイブですね。
クリスマスのプレゼントにと、買ってきた絵本がきっかけで、面白いことに気がつきました。

ちなみに、プレゼントに・・・と選んだのは、この絵本です。

クレメント・クラーク・ムーア
①サンタクロースとあったよる 詩:クレメント・クラーク・ムーア 絵:ホリー・ホビー 訳:二宮 由紀子 出版社:BL出版

 

この本は、約200年前にクレメント・クラーク・ムーアという人が書いた詩に、 ホリー・ホビーという画家が絵を描き、二宮由紀子さんが訳をしたもの。
実は、同じ詩を題材にした本が、私が見つけただけでも、11冊も世に出ていたのです!

この事実を今年のクリスマスまで知らなかった私ですが、読んでみると「クリスマスイブのイメージってこれよね!」という感じ。

きっと、一度はこの11冊のうちの1冊くらいには、すでに読んだことがあったのかもしれませんね。(^-^)

まずは、皆さんその11冊ってどれ?というところが気になると思いますので、ずらっと並べてみましょう!
作者は、当然クレメント・クラーク・ムーアさんということで省略しますね。

  1. サンタクロースとあったよる 絵: ホリー・ホビー 訳: 二宮 由紀子 出版社: BL出版(画像はブログ冒頭)
  2. クリスマスのまえのばん 絵: リスベート・ツヴェルガー 訳: 江國 香織 出版社: BL出版
  3. クリスマスのまえのばん 絵: ターシャ・テューダー 訳: 中村 妙子 出版社: 偕成社
  4. クリスマスのまえのばん 絵: ウィリアム・W・デンスロウ 訳: 渡辺 茂男 出版社: 福音館書店
  5. クリスマスイヴのこと 絵: アニタ・ローベル 訳: 松井るり子 出版社: らんか社
  6. 聖ニコラスがやってくる! 絵: ロバート・イングペン 訳: 柳瀬尚紀 出版社: 西村書店
  7. しずかな しずかな クリスマス・イヴのひみつ 絵: アンジェラ・バレット 訳: 石井 睦美 出版社: BL出版
  8. クリスマスのまえのよる 著: ほし みつき(あみぐるみ) 出版社: 日東書院本社
  9. クリスマスのまえのよる 絵: ロジャー・デュボアザン 訳: こみや ゆう 出版社: 主婦の友社
  10. クリスマスのまえのよる(しかけ絵本) 絵: ニルート・プタピパット 訳: きたむら まさお 出版社: 大日本絵画
  11. ナイト・ビフォー・クリスマス(しかけ絵本) 絵: ロバート・サブダ 訳: きたむら まさお 出版社: 大日本絵画

しかけ絵本も含めて、11冊。うち、8冊は原題の”The Night Before Christmas”の直訳に近い題名ですね。

それぞれどんな雰囲気なのか伝えたいので、表紙だけを絵本ナビさんから画像をお借りして紹介します。

 

②クリスマスのまえのばん③クリスマスのまえのばん④クリスマスのまえのばん⑤クリスマスイヴのこと

クレメント・クラーク・ムーア クリスマスのまえのばん
リスベート・ツヴェルガー/ターシャ・テューダー/ウィリアム・W・デンスロウ/アニタ・ローベル

 

⑥聖ニコラスがやってくる!⑦しずかな しずかな クリスマス・イヴのひみつ⑧⑨クリスマスのまえのよる

クレメント・クラーク・ムーア クリスマスのまえのよる
ロバート・イングペン/アンジェラ・バレット/ほしみつき/ロジャー・デュボアザン

 

⑩クリスマスのまえのよる

クレメント・クラーク・ムーア クリスマスのまえのよる
絵・しかけ: ニルート・プタピパット

 

⑪ナイト・ビフォー・クリスマス

クレメント・クラーク・ムーア the night before christmas
絵・しかけ:ロバート・サブダ

200年の時を経て多くの芸術家たちが、それぞれのサンタクロースとクリスマスイブの世界を表現してきたのですね。
世界中の人たちからこんなにも親しまれてきた、クレメント・クラーク・ムーアの詩と出会えて良かったな。

今年も、素敵なクリスマスを過ごせそうです。

ところで、クレメント・クラーク・ムーアの”The Night Before Christmas”は、他にもありますよ!という情報をお持ちの方は、是非コメントくださいね!
ちょっと探しただけでも11冊も見つかったのですから、隠れた名作が見つかるかもしれないですよね。

それから、私はこの”The Night Before Christmas”が好きよ!オススメ!というご意見もいただけたらうれしいです!

それではみなさん、

素敵なクリスマスイブそしてクリスマスをお過ごしくださいね!