【体験レポート】クール暖のある暮らしって?

今年は暖かい日が続きましたが、いよいよ冬らしい寒さがやってきましたね!

そろそろクール暖の暖かさを体験するには良い頃かもしれないと思い、早速、クール暖を採用している【やりくり上手な嫁の家】に体験に行ってきました。

cooldan01

玄関あけたら、小春日和!

まず、玄関ドアをあけて一歩入ると、すでに暖かい!
玄関って外に一番近くて、実家だと窓を開けてないのに冷気がそよそよ~て吹いてくるような、そんな場所のはず。
これは、予想以上の快適さでした。

cooldan05

ちょうど季節はクリスマスシーズンということで、飾りつけがしてありましたが、そんな季節を感じさせない、ぽかぽかした小春日和の室内。
お部屋は暖かいということが十分わかったので、今度はクール暖そのものに触れてみました。

 

設定温度は、41℃で安全です

cooldan03

あれ?こんなに、お部屋は暖かくなっているのに、「全然、熱くない!」これは驚きでした。

この温度なら、子どもが火傷をする心配はありませんね。子育て世代には、ありがたい!
それもそのはず、設定温度は41℃。お風呂のお湯はりと同じくらいの温度なんです。

cooldan02

ちょっと写真が見づらくて申し訳ないのですが、温度設定と何時~何時まではON、その他の時間はOFFと設定できるようになっています。
ただ、「寒くなったらON」ではなく、「就寝中など必要のない時間帯だけOFFでそれ以外はON」という使い方をされています。
輻射熱冷暖房は、そういう使い方が、快適だし燃費もいいそうです。
たしかに、物を冷めた状態から暖めるときには、大きなエネルギーが必要。だから、毎朝、冷え切った家をトップギアで暖房していたら燃費が悪くなってしまいますよね。
緩やかに暖めて、本当に必要ない時間帯だけ消して、冷え切らないうちに暖め始めるというサイクルで使うのがベストということなんですね!

またクール暖の色も、白と黒が増えて、インテリア的にも改良されてきているのは、嬉しいですね。

cooldan06

 

住みごこちを、聞いてみよう!

実際に、クール暖のある暮らしの体験談も聞くことができました。

cooldan04

冬場、夜間の一時停止があっても、輻射熱で建物全体が温まっているから、朝の室温は17~20℃はあるそうです。
その時の、屋外気温は10℃以下。この温度差を聞いただけでも、快適な朝が想像できます。

日中の通常運転時には、室温が約24℃ですから、薄着で過ごせるくらいですね。
床もじんわりと温められているから、床暖房をつけているかのような温かさがあるそうです。

私も実際に、室内で過ごしてみて気がついたのが、
空気が暖かいというより、

身体が温まっている

 

という感覚。例えるなら、ゆるーい岩盤浴をしているような感じです。

反対に、いわゆる冬場の空調にありがちな「空気がむんむん、あったかい」という感じはありません。

これなら、暖房でボーっとしてしまうこともなさそうです。
受験勉強のときに、冬場の暖房でボンヤリしてしまう心配もありませんね!

そうか。暖かさにも、いろんな種類があるんですね。
重要なのは、室温や空気の温度以上に、その感じ方。
同じ温度でも、モワっと感ポカポカ感では大違い!

冷暖房選びは、こういう視点も大事なんだなあってことを学びました。

また、ひとつ「賢いヨメの家づくり」に一歩近づけたかな?
次は、何を学ぼうかしら?
みなさんも、知りたいけどメーカーさんに直接聞くのは気が引けるなあ。。。
という素朴な疑問など、どんどんお尋ねくださいね。

私が、代わりに突撃体験レポートを引き受けますよ!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今回、取材させて頂いたクール暖のお家は、予約で見学ができます。
見学のお問合せは、0120-114-310 または、お問い合わせフォームから