省エネの代表選手!【エコワン】って何がいいの?

今日は、ヨメイエ20の秘密の中から、【エコワン】のお話です。
エコワン?何それ?だと思います。私も最初そうでした。ですが、メーカーさんにちゃんと聞いてみたら、すごく良かったのです。

まずは、こんなものです、ということで画像を貼りますね。

pict01

 

たぶん、車ならわかるけど、給湯器でハイブリッド??という感じではないかなー・・・(^_^;)
でも、車も給湯器も、エネルギーをたくさん使うものなので、ハイブリッドにしちゃうと燃費が良くなる、のです。
車だとガソリン代が浮き、給湯器だと光熱費が浮く、というイメージです。

ハイブリッドって、ふたつのものを組み合わせるっていう意味なんですが、
エコワンでは、電気ヒートポンプと、ガス給湯器を組み合わせています。

電気ヒートポンプは、エアコンの室外機とだいたい同じものです。お部屋の空気をあっためると暖房になりますし、お水をあっためると給湯器になる、というイメージです。オール電化の給湯器、エコキュートにも使われています。

じゃあ、何でその組み合わせで燃費が良くなるの?光熱費が下がるの?

それは、電気ヒートポンプ、ガス給湯器、それぞれの得意なことだけをやるようになっているからです。

電気ヒートポンプは、省エネなんです。ずっと動かしてもあまり電気を使いません。だけど、すぐにお湯が使いたい!という時に追いつきません。言ってみればマラソンランナーです。42.195kmはしっかり走れるけど、100m走は遅い。

ガス給湯器は、蛇口をひねったときに火がついても、お湯が出るまでに時間がかからない瞬発力と、使う分だけ沸かす無駄の無さが持ち味です。だけど、全部ガスだと、光熱費がすごいことに・・・。言ってみれば、100m走の選手です。100mは10秒切るけど、フルマラソンはバテちゃう。

そこで、この2つをリレーする、というやり方が、ハイブリッドです。普段は電気ヒートポンプで沸かして、あらかじめ貯めておいたお湯を使って、お湯が足りない!とか、お風呂にお湯を張るからたくさん使いたい!という時に、ガスが動きます。

普段はマラソンランナーに走ってもらって、ここだ!というときだけ、100m走の選手に代わる、という感じです。何か、そっちの方が、ずっとマラソンランナーに走ってもらうより、フルマラソン早そうじゃないですか?

だから、それぞれが得意なことだけをやる。得意なことだけをやれば、無理しない。無駄なことをしない。無理しない、無駄がないから、省エネ。省エネだから、光熱費がお得になる。というわけなのです。

いかがでしたか?

でも、せっかく省エネでも、思ったより光熱費が下がらない・・・という話をよく聞きます。
それは、機械が悪いのではなく、使い方のコツがあってそれを知らないで使っているからなのです。
次回は、メーカーさんに聞いた、使い方のコツを書いていきますね!

賢いヨメになるために、毎日お勉強です。だけど、賢いヨメは絶対得をする!と信じてがんばりますよーp(^_^)q