• コスト・光熱費に関する疑問
  • 暮らしのデザイン。時短家事に関する疑問
  • 新素材・住宅設備に関する疑問
  • 地震・安心安全に関する疑問
  • 豊かさ・楽しさに関する疑問
コスト・光熱費に関する疑問

光熱費を抑えるコツは?保険や税金も、お金の話はこちら

節約するなら光熱費?でも暑い・寒いは我慢したくない。設備選びのコツってありますか?

ポイントはガスの省エネ、太陽光発電で自給自足+余剰売電、HEMSで消費エネルギーの見える化で、ランニングコストを簡単に下げることができます。

まずは、ガスや電気を使う物の性能が大切。冬場、古い家では、節約の為に寒い思いをして暖房こまめに切っている現実があります。ハイブリッド給湯システム・エコワンを導入した家では、同じくらいのガス代で床暖房をほぼ1日中つけたままで、ぽかぽか暖かく過ごせる、というくらいの差が出ます。特に床暖房はスタートにエネルギーをたくさん使うので、つけっぱなしで使う方が効率が良くなるという面も。エコワンは高効率でガス代を気にしなくて良いので、快適でお財布にも嬉しい使い方ができるのです。電気ならLED照明などエネルギーをあまり使わない機器をつけると良いですね。

それに、電気代は基本的に太陽光発電で自給自足を目指したい。今は初期投資が高くて手を出しにくい蓄電池も将来の電気の自給自足には欠かせない存在になっていくと思います。対策として、HEMSだけでもつけておけば、蓄電池の後付けが可能です。太陽光発電の余剰売電の収入は家計の助けにもなるから嬉しいですね。

また、知らず知らずのうちに無駄遣いしてるのが、光熱費が高くなる原因のひとつ。HEMSなら、家電やコンロが、それぞれどのくらい電気やガスを使っているか、太陽光がどれだけ発電して、そのうちどれだけ自分のところで使ってるか、リアルタイムで分かり、1年前と比べることもできます。エネルギーの使用明細、兼、家計簿ソフトのように使えるし、ソフトのように手で入力するのではなく、機械で勝手に記録していってくれるので簡単です。

光熱費を無理なく抑えたいけど、ガス代節約が難しいです。

少ない電力量で給湯+ガスで瞬時に給湯。お得と便利とエコをイイトコドリの給湯器エコワンがあります。

ハイブリッド給湯システム・エコワンは、エアコン・電気式給湯器・自動販売機などに広く使われている電気ヒートポンプと、ガス給湯器エコジョーズを組み合わせた給湯システムです。電気ヒートポンプの長所である省エネ性と、ガス給湯器の長所である使う分だけお湯を沸かす無駄のなさとを併せ持つ、電気とガスのハイブリッド給湯器です。一般の家庭では、約5,000円/月の光熱費(電気代+ガス代)の節約になることもあるのです。

お金の儲かる家とは?太陽光発電の売電で稼ぐってことですか?

もちろん、太陽光発電の売電は儲かるポイントの一つ。もう一つは、「いえかるて」による資産価値の向上です。

家は住宅ローンのほかにも、光熱費やメンテナンス費用など思わぬ出費が家計に重くのしかかるもの。それらをトータルで計算して、新築時にしかできないものを賢く採用することが、儲かる家になる秘訣です。 太陽光発電で電気を生み、エコワンやLED照明で省エネ、メンテナンスフリーの外壁材で将来の費用負担を軽くするというのが定石ではないでしょうか。(メンテナンスフリーの外壁材はこちら>>

また、家は意思に寄らず他人に売却するということもあります。そんな時のために、資産価値を維持するための仕組み「いえかるて」を新築時に導入しておくことも、長い目で見たときに自分の資産を守るのに役立ちます。

これまで日本は20年で家の価値が0になると言われていましたが、国はそのような日本の住宅事情を考えて法的整備を進めています。その対策のひとつが「いえかるて」です。 図面と現場の施工写真を確実にファイルにし、データベース化して保存しておくと不動産価値は極めて下がりにくいことになります。その家に認定が与えられていれば、さらに資産価値は保たれやすくなります。 その代表が、長期優良住宅、低炭素住宅、ゼロエネルギー住宅ですね。

1,000万の家というのを聞きます。ほんとに安くて良いものなら良いのですが。

1,000万、2,000万という価格表示や、坪単価の数字には、何が含めれているのかをきちんとチェックしましょう。思わぬものがオプション扱いだったりして実際の建築総費用と一致しない、数字のからくりがある場合もあります。

1,000万の家というのを聞くと目を引きますよね。費用は安い方がいいのですが、本当に良いものなの?という心配もあります。安い住宅が必ずしも悪いというわけではありませんが、標準仕様やオプションが何か、きちんと把握していることが大切です。
ちまたでも、「1,000万~の家づくり」や「坪40万の家」という広告に飛びついて、契約してみたら何でもオプションで、結局倍近くの費用が掛かったという話もよく聞きます。

今は、太陽光発電が標準というところは少ないかもしれませんが、ランニングコストのメリットも考えれば、標準的にいれるべき項目だと思います。太陽光をオプションで…。と言った瞬間に価格が跳ね上がることもありますので、このあたりもチェックしておくといいですね。

火災保険って、どんな時に役立つのですか?

火災保険は燃えた時だけの補償だけでなく、台風や水災といった自然災害のリスクや日常起こりうるリスク等色々な補償があります。家族構成や立地条件等で必要な補償も変わりますので、しっかり説明を受けて必要な補償と、不要な補償を分けた方がいいでしょう。また予算面も考え請負契約後くらいに1度試算をされることをお勧めします。

省令準耐火建物にすると火災保険が安くなるのですか?

木造であっても省令準耐火建物にすると火災保険の保険料が約半分くらいになる場合があります。その保険料の差額で施工できる場合も。ご検討されたい場合は、建築士と保険会社に、設計中など早い段階で相談してみてください。

家を新築して、所有権の名義や持分を決めたいのですが、どうやって決めればいいですか?

住宅の名義は、資金を出した人の名義にするということが通常です。
たとえば、ご主人と奥様で半分ずつの資金を出した場合には、2分の1ずつの持分にするとよいでしょう。この持分の比率が、実際の資金拠出割合と異なると、その分が贈与とみなされ、贈与税が発生する可能性がありますのでご注意下さい。

住宅を購入する際に、かかってくる税金について教えてください。

土地を購入する、家を建てるなど、不動産を取得する場合には、売買・贈与にかかわらず、不動産取得税という税金がかかります。不動産取得税は、不動産評価額の3~4%程度ですが、居住用の不動産の場合は、減税が適用できる場合もあります。

次に、登記手続きにかかる登録免許税という税金があります。土地購入・住宅建築の際に、所有権移転登記や抵当権設定登記という登記が必要になりますが、その登記手続きにあたり、評価額や借入額に対して0.1~2%程度の税金がかかります。

また、不動産を取得した後は、固定資産税が毎年かかります。毎年、1月1日現在の所有者に対して、固定資産税の納付書が送られてくることになります。このような税金の負担もあらかじめ考慮した上で、資金計画を立てることが重要です。

住宅取得のために、親から資金の贈与を受けたいんですが、その手続きについて教えてください。

通常、資金の援助を受けると、もらった額に対して贈与税がかかってきます。
ただ、住宅を購入するための資金については、「住宅取得等資金の贈与税の非課税制度」という制度があります。居住用の住宅取得に際して、親から資金贈与を受ける場合には、要件を満たせば非課税になるというものです。要件については、細かい規定がありますので、詳細は専門家にご相談ください。

フラット35を検討しています。

フラット35は全期間固定型の住宅ローンです。全期間固定となるので、月々の支払額が決まり、予算や資金計画、ライフプランが組みやすいのが特徴です。金利は融資実行月の金利が適用されるため、毎月1日にフラット35のホームページを確認することをお勧めします。

土地探しのコツはありますか?

各地域に様々な不動産業者がありますが、それぞれの得意分野があったりします。住宅用の土地を探すには、地域に根付いた土地探しを得意とする不動産業者を見つけなくてはなりません。一般の方がそうした不動産業者にたどり着くのは難しいかもしれませんね。司法書士や建築士は、様々な不動産業者と知り合う機会があり、地元密着型の業者を紹介できることがあります。

TOPに戻る
暮らしのデザイン。時短家事に関する疑問

アイランドキッチンと対面キッチン、どっちが良い?
時短家事、お掃除ロボット以外には何があるの?

すてきなキッチンにしたい!アイランドキッチン、対面キッチン、どれを選べばいいの?

デザインも大切だけど、一番大切なのはライフスタイルにマッチしたものを選ぶこと。キッチンは最も女性目線で設計すべき要素です。

ケース1:壁側にコンロ、オープンキッチン側にシンクというセパレートタイプ。オープンキッチンの周囲はカウンターになっていて、スツールに腰掛ければ、ダイニングスペースとしても使えます。セパレートの弱点は、シンクとコンロが離れているから、鍋や食材がシンクからコンロに移動するときに、水垂れすること。解決策は、壁側に浄水器とミニシンクを設けるなど、サブシンクをコンロ側にも設けることです。

ケース2:アイランドキッチン。アイランドの良さは、家族とコミュニケーションが取れることです。そして、ペニンシュラ型のオープンキッチンには無いのが、回遊性。行き止まりがないから、家族と一緒にお料理を楽しんだり、作業スペースの自由度も高まります。お部屋の真ん中に、ポンと置かれた家具のようでデザインがおしゃれな印象になるのも、魅力的です。

このように各ケースごとに良さも違います。キッチン選びに迷ったら、まず、現状のライフスタイルを見つめ直してみることが重要です。料理の頻度、来客の有無、家族との連携、見せるのか、隠すのか。隠す場合も、手元だけ隠すのか、全部隠したいのかによって、選ぶべきキッチンは違ってきますね。インテリアやキッチンのイメージ写真をたくさん見ていると、とにかくデザイン性の高いキッチンが欲しくなってきます。でも、お子さんがある程度大きくて、お料理を一緒にする時間があまりもてなかったり、内装にお金をかけたいけど、トータル予算に余裕が無い場合は、必ずしもデザイン性の高いキッチンを選ぶ必要はありません。

オープンキッチンにした場合、片付けが心配であれば、食器洗浄機の容量を大きいものにしたり、パントリーを設けて、綺麗に保てる工夫をするのをオススメします。
対面にはしたいけど、手元は隠したいという方には、ダイニングとの境目にキッチンより少し高さのあるカウンターを組み合わせるのがおすすめです。

家を建てるなら欲しかった吹抜、でも空調が効きにくいんじゃないかと心配もあって、迷っています。

吹抜近くに窓があれば、風通しは良くなり冷房負荷は低減。床暖房があれば、冬場の冷え込みも安心です。

「一戸建てを建てるなら、絶対に吹抜!」というのが夢だった人も、エアコンをフル稼働させないと適温にならなかったり、冬場は冷え込むという経験談に迷ってしまうことも。でも、吹抜の開放感は、やっぱり捨てがたいですよね。

空気を暖める空調方式では、暖かい空気は上にいくという特性から足元が冷えますが、輻射熱を使った暖房システムなら、ぽかぽか快適に過ごせます。代表的なのは床暖房、他にオイルヒーターなどもありますが、日本の気候に合っている「クール暖」という選択肢もあります。クール暖は、冷房も暖房もできる輻射熱冷暖房システムです。
それに、シーリングファンはつけておくといいですね。真夏以外は、これと窓からの換気で涼しく過ごせると思います。

二世帯住宅を考えています。どのように進めればよいでしょうか?

まずは、二世帯住宅で生活している人の話を聞いてみましょう。玄関が別、キッチンは別だけどお風呂は一緒など、色々な二世帯のパターンがあります。実際に住む人の経験談を聞いて、自分たちならどうするかと考える参考にしてみましょう。【体験談】二世帯住宅「ばあばのやさしいおうち」>>

2人家族や終の棲家はやっぱり平屋がいいの?リフォームと建て替えでも迷います。

近くに家族がいるか、子や孫たちが泊まりに来る頻度はどのくらいかによって考え方が変わります。

建替えの場合、基本的には、平屋がお勧めです。玄関も引き戸で、段差が少ないバリアフリーにするのが定石です。ただ、「子世帯が泊まりに来るか」「近くに子世帯がいるか」など条件によって考え方が違ってきます。

まず、子世帯が泊まりに来る場合は、平屋だと部屋数が足りない場合もあります。リビングの一角にある和室で賄えれば、2階建てにする必要はないですが、子世帯が3組あったりすると、お正月など皆が集まると収まりきれません。そういう場合は、2階に収納と広い部屋を一室設けておくという選択肢もありますね。家族で相談して、宿泊はホテル、宴会は家ということであれば、リビングを広くしておきましょう。宿泊も宴会も外でということであれば、最小限の面積とコストで、他にお金を使えるように残しておくといいですね。

近くに子世帯がいる場合は、大容量の収納スペースを2階に用意しておくのもいいでしょう。家族が近くにいれば、物の出し入れを手伝ってもらえます。敷地にも限りがあるので、できるだけリビングや趣味の部屋に面積を割きたいのですが、50~60代では、たくさんの思い出の品や捨てられないものを持っているケースも。平屋にして、収納も1階に詰め込むと、生活スペースを圧迫しかねません。

郊外の一戸建てではなく、便利な都市部の中古マンションをリノベーションする方法もありますが、災害時はエレベーターが使えなくなりますので、普段使いの便利さだけで判断すると、失敗することも。夫婦だけじゃなく子世帯ともしっかり相談することが重要です。

収納がたくさん欲しいのですが、坪数を増やすと固定資産税が気になります。

高さ140cm以下の高さの蔵を利用すれば、たくさん収納でき、固定資産税には含まれません。

毎日、掃除・洗濯・料理や洗い物をして、家事が大変。もっと掃除や家事をラクにしたい。

掃除や家事は毎日のことなので、家づくりには時短の視点も取り入れましょう。
掃除をラクにするには、人気のロボットタイプの掃除機がおすすめです。iRobot社のルンバやブラーバが有名ですが、他社からもたくさんの機種が出ています。パナソニックのRULO、東芝のトルネオロボ、シャープのCOCOROBO、ツカモトエイムのmini neoなど。機能もどんどん強化されてきており、細かいホコリなどもしっかり吸い取ってくれます。スイッチ一つで自動で掃除をしてくれるので、その間に他の家事や家族との時間に使うことができます。

注意点は、毛足の長いカーペットなどを敷いていると、絡まる可能性があるので、購入の際には確認が必要です。ルンバを走らせるために、床に物を置かなくなるので、物を片付ける習慣ができたという声もあります。お掃除ロボットを前提とする場合は、収納場所「通称ルンバ小屋」をどこにするかを、あらかじめ考えておくといいですね。

家事をラクにするのに欠かせないは、食器洗浄機です。最近でこそ、食器洗浄機を設置する家が増えてきていますが、食洗機があると劇的に時短につながります。食器洗い乾燥機でちゃんと洗えるの?電気代とか水道代が高くなるんじゃないの?ということもよく聞かれますが、まったくの誤解です。食器洗浄機でしっかり汚れは落ちます。特に、油汚れのある食器など、手洗いだとスポンジが汚れるし、洗剤もたくさん必要になりますが、食器洗浄機だと軽く流してセットするだけで見事にきれいになります。

また、気になる光熱費も、食器洗浄機と手洗いを比較すると、食器洗浄機だとかなりの節水ができて、水道代の節約になります。電気代についても、食器洗浄機の電気代と、手洗いのお湯に使うガス代を比べると、食器洗浄機のほうがコストが安くなるというデータもあります。

夫婦共働きのため、朝もバタバタ。料理や洗濯する時間を減らしたい。

間取りを考える目安になるのは「日常生活の動線」です。朝の作業の順序を整理して、それぞれの作業ができるだけ一筆書きのように連携し、その距離が短くなるようにすることが重要です。建築士に相談するときは、「家事動線を短く」とだけ言っても家庭ごとに答えは違うので、最適解は出てきません。きちんと自分たちの具体的な朝の作業フローを伝えることが、家事時短ができる良い間取りを引き出すポイントになります。

子どもが帰宅後、すぐに手洗いに行かなくて困っています。

玄関の近くに、手洗い場を設け、ただいまと同時に手洗いを習慣付けましょう。玄関先にコート掛けがあれば、花粉もウイルスも、玄関ホールでシャットアウトでき、健康的に過ごせます。

室内干し場がほしいです。

最近、PM2.5・花粉等を気にされる方も多く、室内干し場を求める声も多くなりました。屋根付物干し(インナーバルコニー)も重宝しますが、ガラス張りのサンルームやコンサバトリーならPM2.5や花粉を気にせず干すことができますね。日当たりもよく、観葉植物も良く育ちますから、テーブルと椅子をおいてカフェ気分を楽しむのも良いでしょう。
サンルームなどのスペースが取れない場合は、浴室暖房乾燥機又は洗濯乾燥機を使うことも考えられます。2階の往来が少ない廊下やホールがあれば、そこに雨の日だけ室内物干しが使えるような器具をつけておくのもひとつの選択肢です。

和室は畳にしたいのですが、真四角で縁なしの畳は何という畳ですか?

最近、よく使われている四角い畳は、琉球畳(りゅうきゅうたたみ)と言います。琉球畳とは、縁がない、正方形の畳のことです。普通の畳の半分ほどのサイズで、畳の目が細かく作られています。

網目を互い違いに配置することで、きれいな模様ができます。昔ながらの畳と違い、洋室でも和を取り入れたモダンな風景となるため、最近特に人気が出ています。

最近では、完全な和室ではなく、リビングなどに小上がりのような形で和室スペースを作られる方も多くいらっしゃいます。夏は涼しげに、冬はコタツなどを置いてくつろぎのスペースとして、活用されています。

夫婦同寝・別寝で迷っています。

お子さんが小さければ、しばらくは子ども部屋をもう一つの寝室として使えます。コストアップを避ける為にも主寝室は一つにすると良いでしょう。ある程度年齢を重ねた段階での新築やリフォームで検討される場合は、主寝室とゲストルームを小さめに作って、別寝に対応できるようにする方法もあります。

最近は、高齢になると案外、お互いの健康状態が心配で、同寝に戻られるケースもありますので、別寝を前提とする場合も、片方の寝室にベッドが2台置けるくらいの広さにはしておいた方が良いでしょう。

コンセントはどこにつければよいですか?

掃除機用のコンセントを想定する場合は、掃除機のコードの長さ(一般的な掃除機のコードは4mくらい)を考慮して部屋の隅ではなく、中心にコンセントがあると効率が良いです。また、「ここにコンセントがあればよかった!」というケースを想定して、用途を先に洗い出し、それに適した場所にコンセントを設置するという方法もあります。例えば、ドライヤー用を考えてみてください。多くの人は、洗面所を想定しますが、一部の人は寝室のドレッサーの近くに必要だったりします。
他には、お掃除ロボット用、携帯充電用、パソコン用、フードプロセッサー用、ホットプレート用とコンセントが必要な機器類を列挙してから、それぞれ部屋のどこで必要かを決めていけば、スムーズ且つ不足なく決められるでしょう。

自由設計、セミオーダー、パッケージプランそれぞれのメリットが知りたいです。

自由設計はまさに自由。要望を最大限盛り込めるのがメリット。反面、設計に時間が掛かることや、コストの目処が立ちにくいのがデメリットです。夢をすべて叶えようとしたら、予算を大幅にオーバーということも。しかも、設計がある程度進んで見積もりを取って、はじめて費用が見えてくるというのが一般的です。パッケージプランは、ある程度の規格が決まっています。この間取りと広さで、太陽光やその他の設備が付いて価格はいくら、というのが予め分かっているので、ローン計画が立てやすく、全体のスケジュールも早く進めることができます。入園や入学までに、とスケジュールに余裕が無い場合はお勧めです。
セミオーダーはパッケージプランで概ね良いのだけど、外壁の形を変えない程度に少し間取りの変更をしたり、設備を足したり減らしたりすることで、パッケージプランのメリットを生かしつつ、できるだけ希望に近い家にしていく方法です。コストやスケジュールは少し変わってきますが、パッケージプランをベースにしているので、ある程度目処をつけることはできるのが利点です。

オープンハウス(完成見学会)とハウジングセンターのモデルハウスの違いは?

ハウジングセンターのモデルハウスも見識を広める為には良いと思いますが、見に行かれた方は素晴らしい家だと思うが、「自分達の予算とはかけ離れていてイメージがわかない。」と言う感想が多いようです。オープンハウスはこれから人が住む家なのでご家庭の予算に合った家を実際に見れますし、水回り導線やコンセントの位置まで知ることができ、よりリアルにイメージがわきやすいと思います。

気をつけた方がよい失敗談はありますか?

対面キッチンにした場合、背面は壁か収納となります。このときの通路幅が狭いと、家族と一緒にキッチンに入った場合、狭くてすれ違えないという失敗談もよく耳にします。奥さまだけがキッチンに立ち、手際よく動くなら80cmくらいでも良いですが、家族みんなで料理をする場合は、100~120cmあった方が良いですね。

他には、コンセントの数が足りず、延長コードを使うことになるケース。これは、平均的に各部屋に満遍なく配置したつもりが、一部のエリアで、パソコン・電話・携帯の充電など一箇所に使いたいものが集中する事により起こります。具体的に電気を使う物をシュミレーションして、使用機器が集中しそうな場所では2口ではなく4口コンセントにしておくという対策をとりましょう。

収納が少ないという失敗談も聞きますね。ただ、収納を増やしすぎるとリビングなど居室の面積を圧迫してしまいます。これも、仕舞いたい量や場所を具体的にシュミレーションして、過不足の無いようにしましょう。

設計段階で見つけにくいのが、風通し。壁付けの収納をたくさん希望した結果、風の通り道となる窓が取れなかった、なんてことも。要望がたくさんある場合は、それを満たそうとするあまり、風の通り道が確保されないリスクも出てきます。要望のひとつに「風通し良く」とはっきり伝えておくことで、風通しも含めた最適解を提案してもらえるでしょう。

TOPに戻る
新素材・住宅設備に関する疑問

最近よく聞く、光触媒って何ですか?
エアコン要らずのクール暖が気になっています!

今、話題の光触媒ってなんですか?

自然の力によるセルフクリーニング効果で建物の劣化を防ぎます。シックハウス症候群対策や、ペットの匂い対策にも有効で空気が綺麗になります。

最近では、二次感染を防ぐために、病院の集中治療室に採用されたりしています。本来は、外壁の汚れを取り除くために開発された商品だけど、空気も綺麗にしてくれるので、家庭で使用するのならインフルエンザ予防のためにも良いですね。浄化作用はウイルスだけではなく匂いにも効果的です。焼肉したあとに翌日に匂いが消えているのには驚いたという声もあります。一度、塗布したら約10~15年以上は持続しているという実績もあります。ただし、施工方法は難しく、責任施工のものが望ましいようです。(超吸収性ハイブリッド型環境触媒、詳しくはこちら>>

断熱材にもいろいろあると聞きます。何がおすすめですか?

断熱材の種類は多様で、人工鉱物繊維・ポリエステル繊維・発泡樹脂系・木質繊維系などがあります。その中でも、 オススメは木質繊維とポリエステル繊維の断熱材です。木質繊維系は通称セルロースファイバーと呼ばれ、回収された新聞古紙に防燃・撥水性能を付加した断熱材です。ある程度、吸湿することで内部結露を防いでくれ、防音性能にも優れています。利点が多い分、少し価格が高めというのがデメリットです。

ポリエステル繊維は、ペットボトルのリサイクルによる再生ポリエステル繊維で作られた断熱材です。原料が口をつけても安全なポリエステル素材です。セルロースファイバーとは対照的に吸湿性がほとんど無いのですが、透湿性に富み、壁体内の湿気をスムーズに排出することができるため、内部結露を起こしません。

内部結露を防止ずるメカニズムが対照的な、セルロースファイバーとポリエステル繊維ですが、ともに結露を防止することで断熱性能が維持されるため、優れた断熱材だということができます。(ポリエステル繊維=高性能健康断熱材、詳しくはこちら>>

アレルギー体質なのですが、家づくりで気をつけた方が良いことはありますか?

今、ハウスダストによるアレルギーが問題になっていますが、引き起こす原因は様々ですが、ダニの死がい・糞が原因のトップだといわれています。
ハウスダスト(ダニの死がい・糞)が、人間のアレルギー反応を引き起こすメカニズムは、ダニの持つ「消化酵素」にあります。人間の皮膚やフケを消化する酵素をもったダニの死骸が、人間の粘膜に触れるとその表面を溶かして体内に入り込み、これを「異物」として免疫抗体反応が起きると、アレルギーの症状が出てくるのです。

ダニは通常、布団や絨毯の中でひっそりと生息しているので、ハウスダストとして空中を漂うのは、乾燥して細かい粉末となったダニの死がいや糞です。日頃の掃除が大切なのは言うまでもありませんが、一方で空気の対流を抑えることが、ハウスダスト対策にもなるかもしれません。ハウスダストがエアコンの風によって、常に空気中に巻き上げられていたら、目・鼻・口など高い位置にある人間の粘膜に付着する機会が増えてしまいます。空気の対流が少なく、ハウスダストが床に停留するなら、足など粘膜のない部分に触れるだけなのでリスクは軽減します。

アレルギー対策のために、エアコンを使わず、暑くて寒い生活は難しいかもしれません。でも、空調方式を輻射冷暖房にすれば、空気をかき回さずに部屋を涼しく暖かく保つことができます。ハウスダストを巻き上げない、輻射冷暖房をアレルギー対策で取り入れてはいかがでしょうか?

ふく射冷暖房・クール暖とはなんですか?

ふく射冷暖房・クール暖」とはメーカーの商品名ですが、壁に設置されたパネルに夏は冷水、冬は温水を流して、輻射熱により埃を舞い上げることなく柔らい冷暖房を行う空調方式です。

輻射熱は人間の体感として、冬場、室温が18度あれば暖かく感じます。一方、エアコンは室内温度が26度でなければ、同じような暖かさを感じることができません。それは、風が熱を奪う性質を持っているからです。同じ体感温度なのに、室内温度は18度と26度。この温度差が、ランニングコストの大きな差を生みます。これまでの採暖という考え方から、家全体を冷やし暖める本当の意味での「冷暖房の時代」にシフトしていくことが、家計にも地球にも優しいこれからの主流になっていくかもしれませんね。

ハイブリッド給湯システム・エコワンやふく射冷暖房・クール暖に使われているヒートポンプとは何ですか?

ハイブリッド給湯システム・エコワンやふく射冷暖房・クール暖に使われるヒートポンプとは、電気を最も効率よく使うために開発された商品で、エネルギーコストを最小限に抑える電気式熱源機です。仕組みを簡単に説明するなら、空気中から熱を集めて、熱エネルギーに変換する技術です。
身近なところでは、エアコンや冷蔵庫に使われています。メーカーは4~5社ありますが、丈夫で長持ちするメーカーを比較しながら選ぶといいですね。

床暖房を採用したいのですが、仕組みを詳しく知りたいです。

床暖房とは、床下に設置された放熱部分から輻射熱を発生させ、部屋を暖める設備の総称です。ガス・電気・太陽熱・温泉熱・地熱など色々な熱源があります。
 
新築時の半分には採用されている方が、今の現状です。ただし、近年では電気式カーペットみたいに部分暖房という概念で使われているのが、少し残念です。
本来は、連続運転して家全体が冷えないように緩やかに暖め続けた方が、ランニングコスト・快適性ともに良いといえます。

太陽光発電は採用した方がいいですか?

これからの時代は、電気の自由化が進みます。今まで売電目的で設置される方が多かったですが、電気料金が概ね上がろうとしている中、本来の太陽光発電の目的である自家消費に使う時代が近づいています。
太陽光発電も一時期に比べ、設置に掛かる費用は相当が下がってきています。
 
こうした流れから考えても、これから家を建てる場合には必需品になるでしょう。太陽光発電を検討する場合は、発電パネルの耐久性、性能をしっかり見極め、比較資料をとり、検討してみることが大切です。
実際に取り付けられたお宅の発電量を聞いてみるのも、賢い情報収集の方法だと思います。

太陽光発電で作った電気を蓄電する方法は、蓄電池以外にありますか?

太陽光発電で昼間発電した電気を、蓄電するには2つの方法があります。
一つは蓄電池、もう一つは電気自動車に電気を蓄電させる方法です。
 
電気自動車は技術の革新から、蓄電容量も大きくなってきています。
これからの主婦の足として電気自動車の蓄電機能を上手に使えば、ガソリン代も浮くし、太陽光発電も効率よく自己消費できて、一石二鳥ですね。
 
蓄電池は費用がかさむという理由で新築時に搭載しない場合はHEMSを搭載しておくと、将来、蓄電池がリーズナブルになった時に後付けすることができ、オススメです。

外壁に土壁漆喰を使いたいのですが、気をつけた方がよい事はありますか?

漆喰は、雨に強く、経年変化には強いことから、昔の旧家などに使われていました。個人的には好きですが、かなりのコストアップになることもあり、予算に余裕のある方向けという素材です。
 
ゼロエネルギー住宅を目指す場合、いわゆる土壁に漆喰は、断熱計算が不利になるという問題もあります。
内装でも汚れた場合水ぶきができ難いため、子どもが小さいうちは採用されない方が良いかもしれません。
ただし、土壁ではなく表面に塗るような漆喰系の塗材で、こうしたデメリットを解消したものもありますので、建築士や工務店に相談してみましょう。

自然塗料と聞きますが、どんなものですか?

自然塗料とは木の持つ本来の心地よさ風合いをそのままにし、汚れ又は腐敗から床や壁やデッキ材を長く守り抜くために作られた塗料です。色々な商品がありますが、総合的な判断をすると、世界的シェア1のオスモ&エーデル社の自然塗料がおすすめです。

無垢フローリングにしたいのですが、キズつきやすくありませんか?

無垢フローリングならではの断熱性・調湿性が魅力的でキズ等がついても削り直しも可能です。
自然塗料でメンテナンスして長く使うことで、劣化ではなく風合いが良くなるから、結果的にコストパフォーマンスが高いと言えます。
 
合板フローリングの場合、表面が削れると下地が見えてしまうので、劣化した印象になります。ある程度年月を重なると張り替えしたいくらいの見栄えになってしまうので、結果的に手間やコストが掛かることになるかもしれません。

TOPに戻る
地震・安心安全に関する疑問

耐震だけだと、余震が心配?気になる、防犯対策。

家の柱や梁は、完成すると見えなくなってしまいます。どんな構造材を使っているのか気になります!

トレーサビリティで品質が確認できる流域材で建てるという選択肢があります。国が定める耐震等級を取得すれば、さらに安心です。

構造材は完成すると見えなくなってしまう。だから、柱や梁など、家に使う木材の産地を明確にしようという動きもあり、そのひとつが木曽川流域材です。東海エリアで使えば、木の地産地消ということになります。どこで採れ、どこで加工したのかという履歴がわかる(トレーサビリティー)のは、安心にも繋がります。

国産材の生産は、日本の森林を守ることにもつながります。林業家によれば、山は木を使ってこそ山でいられるそうです。適度に木を切らなければ、木が茂りすぎて、日光が届かなくなり、豊かな植物生態系が育たなくなるのです。

履歴がわかる流域材を地域で家づくりに使い、耐震等級2、又は3の堅牢なつくりにすれば、地震に強い家を手に入れることができ、地元山林の環境保全にも貢献できますね。

耐震・制震・免震、いろいろあるけど地震対策には何がいいですか?

耐震は建物を堅牢にして倒壊・損壊を回避、制震は建物が受けた揺れを軽減、免震は地盤の揺れを建物に伝えないという考え方の違いがあります。最も有効な地震対策として、高層ビルなどにも採用される免震ですが、住宅への採用となると、いくつかのハードルがあります。まず、コスト。導入には250万円~400万円かかる事もあり、かなりの負担となります。また、軒先から隣地境界線まで50cm程度の離隔を確保しなくてはいけないこともあり、狭小敷地では採用が困難な場合もあります。

耐震は耐震等級1~3があり、等級3が最も地震に強いのですが、構造材に掛かる費用が高く、間取りの自由度も制限されます。

理想の家づくりのために、コスト・間取りの自由度・安全性を考えた場合、「耐震等級2+制震」がバランスの良い組み合わせではないかと思います。(耐震+制震、詳しくはこちら>>

地盤調査は必要ですか?

地盤調査は、その後の基礎工事や地盤改良工事にも影響が出る大事な調査のため必ず実施します。
地盤調査の結果によって、固い地盤であれば改良なしで、必要であれば改良をすれば、もしもの時のための地盤保証(保険)に入ることもできます。予想外の不同沈下などが起きた場合でも、地盤保証に入っていれば、安心です。

既存建物がある状態で、地盤調査・解析は可能でしょうか?

全ての計測点が計測できる場合は調査可能です。ただし、解体後の調査となるケースがほとんどです。
地盤調査は通常、新築する建物が敷地に配置された状態を想定し、建物の四隅+中央の5測点で行います。既存建物があっても敷地が広かったり、既存建物が小さく、調査が可能なこともあります。ただし、一般の住宅地で、中古住宅や親世帯が住んでいた家の後に建てるような場合は、敷地に余裕がなく、解体後の調査になるケースがほとんどです。

最近は世の中が物騒になってきて、防犯にも気をつけたいのですが。

セキュリティ会社の利用、窓の高さや開き方、外構の在り方。どこまでカバーするかはコスト次第。でも、建築側の対策についてはコツがあります。
設計で工夫できるポイントは、「窓」「死角」です。まず、小さめ窓は人がくぐれない大きさであるか確認します。最近は、洗面室でも採光と通風のために窓を大きくとる傾向があるので、その場合は、取付高さを高くしたり、横長や縦長の窓にして調整します。見た目にも、入りづらそうな窓ばかりであれば、ハードルが高くなるので、侵入する意欲が削がれます。

次に、窓や玄関などの開口部が、完全な死角になっていないよう配慮することです。ただ、南側に大きくとった窓が通りから覗かれないように植栽で覆っている場合には、防犯フィルムを貼ったり、セキュリティ会社のマグネットセンサーを設置するなど、もしもの時の備えをしておくと良いと思います。

2階のバルコニーの吐き出し窓については、セキュリティ会社を入れる場合はセンサー有り、また、入れない場合は防犯フィルムやシャッターを採用すると安心ですね。

実績やシェアを考えると大手ハウスメーカーが安心。でも、予算やテイストがマッチする大手というのが見つかりません。

瑕疵担保保険はどの工務店も入らなければならないので、大手でなくても、もしものときの保障は用意されています。
家づくりを考えたとき、実績や業界でのシェアというのも気になります。そうすると、大手ハウスメーカーが選択肢に挙がりますが、デザインや予算が自分にマッチしてないというケースも。

でも、実際に家をつくるのは工務店です。そして工事を請負う工務店は必ず瑕疵担保保険には入らなくてはいけません。それなら、必要な保障は受けられ、自分の気に入る家を一緒に考えてくれるパートナーはだれか?という観点で探してもいいと思います。

工事保険とは何ですか?

賠償保険と建設工事保険等があります。
賠償保険とは他人や他人の所有する物に損害を与えてしまった場合にその損害を補償する為の保険です。近隣の人達との関係を悪くしない為にも加入している工務店を選びましょう。

建設工事保険とは建物の建築現場において不測かつ突発的な事故によって工事対象物について生じた損害を補償する為の保険です。万が一工事途中で火事にあったら大変ですのでしっかり加入しているか工務店に確認してみましょう。

住宅完成保証とはなんですか?

新築住宅を建てる時、事業者倒産などで工事が中断した場合に発注者(お客様)の負担を最小限に抑える為のものです。

住宅瑕疵担保責任保険とは?

新築住宅を供給する事業者には、住宅の引き渡しから10年間の瑕疵保証責任が義務付けられています。でも事業者が倒産した後に瑕疵が見つかった場合、お客様に少ない負担で瑕疵の修補が行えるよう、事業者に対して「保険への加入」または「保証金の供託」にて資力を確保するよう法律で義務付けられています。引き渡しから10年以内に瑕疵が見つかった場合、保険金等で修理費用をカバーするものです。

TOPに戻る
豊かさ・楽しさに関する疑問

流行のボタニカルライフを楽しむコツ。土間収納でひろがる楽しさ!

流行りのボタニカル。できれば家を建てるときにうまく取り入れたい。初心者でもできるか少し心配だけど…。

リビングと一体感のある中庭、コンサバトリー、室内に観葉植物をポットで…。など、どのくらい緑を取り入れるのか、食べるのか、鑑賞するのか、手間はどのくらい掛けられそうかを見極めることから始めましょう。

ハーブやガーデニングまで取り組む場合は、庭とリビングの一体感を重視します。室内のフローリングとデッキの連続性を出してリビングテラスのようにすることもあります。

緑とより一緒に生活しているという感じがあるのは、コンサバトリーです。インテリアの一部に緑があるというスタイル。植物のために日光が入るようになっているので、いざという時の洗濯干しスペースにもなったりしますよね。

初心者の人には、インテリア的に扱えるテラリウムやサボテン、エアープラントがオススメです。テラリウムとは瓶などの透明な容器の中に小石や少しの土を詰め、水苔や植物を植えて創るインテリアグリーンのことです。水遣りはミスティングだけで手間いらずだし、置いてあるだけでおしゃれです。エアープラントもソーキングといって月に一度、数時間水につける方法か、2~3日に一回のミスティングだけで良いので手間もかかりません。

室内にポットで置く観葉植物のおすすめはありますか?

モンステラなど葉の大きなものや、壁掛け用観葉植物というのも人気があります。
ハワイをイメージさせる人気のモンステラ。ただ、5℃以上の室温が必要だったりするので、管理には注意が必要です。輻射式の床暖房やクール暖なら、冬の間運転し続ける方が暖房効率が良いことから、室温も一定に保たれますので、モンステラの環境としても良いかもしれませんね。

最近は、壁掛け用観葉植物というのもあるから、手を掛けられる度合いと、置くスペースにあったスタイルを選ぶ自由度も広がっています。

狭小地ですが、中庭の家にしたいです。

中庭を作ると部屋が小さくなると思うかもしれませんが、きちんと設計すれば、どの部屋にも光が差し込み風通しも良く庭を満喫できるというメリットがあります。できるか否かは狭小具合にもよるので、まずは希望を建築士に伝えてみましょう。

家族のシンボルツリーを植えたいのですが何がおすすめですか?

エゴノキは落葉樹で、春は芽吹きの初々しさ、秋は落ち葉の情緒を楽しめます。また、夏には日陰をつくり、冬は葉を落とした枝から陽射しを室内へ届けてくれます。他には、珍しい花を咲かせるヒトツバタゴ(なんじゃもんじゃの木)、手間いらずのシマトリネコ、ヒメシャラなどがおすすめです。

ホームシアターや趣味の部屋を作りたいです。

ホームシアターは、リビングと兼ねるのか、単独で持つのかで予算も仕様も異なってきます。スピーカーシステムの話は設計が終盤に差し掛かったころに出てくることが多いのですが、大切な趣味の部屋は家づくりの醍醐味ですので、早い段階で、具体的な希望を伝えることをお勧めします。そうすることで、スピーカーの配線が見えないようにすることもできるからです。
書斎も、単に「書斎が欲しい」と伝えるだけでなく、使う時間・時間帯、プライバシーの有無、必要な広さなど、希望を整理しておきましょう。鉄道ジオラマを創作するのと、就寝前にネットサーフィンをするのでは、全く異なる部屋となります。理想を具体的に思い描いてみることが、満足度の高い趣味の部屋を手に入れる近道です。

一戸建てでも気になる、防音!楽器好きには防音室も必要?

ご近所に迷惑をかけないための防音や、外部からの騒音を避けるための防音。断熱材が一役買ってくれる場合もあります。 楽器の演奏や本格的なシアタールームを持つ場合は、防音の事も考えたいですよね。ただし、いわゆる防音室を作るとコストもかさんでしまいます。とにかくご近所の迷惑にならないようにしたいなら、断熱材にセルロースファイバーを使う方法があります。 セルロースファイバーは壁の中にパンパンに断熱材がつまるから、音が漏れにくくなります。断熱性能もあがるから、光熱費も下がって、一石二鳥です。
コンビニの隣とか、車が多い道沿いなど、家の中に音が入り込む立地なら、外部の騒音対策としてもお勧めですよ。 家族がある程度の音を許容できるなら、防音ドアでなくても良いので、それほどコストをかけなくても実現できますね。

自分たちだけではおしゃれなインテリアにする自信がありません。

人それぞれのおしゃれ感覚があると思います。大切なのは、自分好みのテイストを、家のデザインをしてくれる人にしっかり伝えること。女性の建築士やインテリアコーディネーターなら会話も弾んで、上手にヒアリングしてくれるかもしれませんね。

夫がガレージライフを楽しみたいと言ってるけど、本当に必要ですか?土間はあったらいいなと思うのですが。

車が趣味で、鑑賞したいならビルトインガレージもありですね。土足ゾーンの拡充が目的なら、土間&土間収納で十分かもしれません。しかし、ビルトインガレージにすると、外へのアクセスが良い1階にほとんど生活空間がとれなくなってしまうデメリットもあるので、要注意です。

せっかく一戸建てにするなら、子どもには土と近い生活体験をしてもらいたい、という声もあります。 その場合は、車はファミリーカーにして、リビングとお庭の間に、土間リビング的な場所を設けるのもいいかもしれません。お庭から、子どもたちが少々泥をもって入ってもOKという、大らかな子育てができますよ

ペットと暮らす家を考えています。

人間にとって、いい環境をつくるということは、ペットにとっても同じです。プラス遊びの要素もあるといいですよね。
最近では10軒に2軒の割合のご家庭が、ペットを共に暮らしています。ペットに対して、色々な食品・ペットグッズが販売されていますが、ペットと共に暮らす温熱環境や、ペットの性格に応じた家作りを考えるのもこれからは大切だと思います。人間にとっても過ごしやすい環境をつくるふく射冷暖房・クール暖は、ペットにとっても快適で、基本的に全館連続運転の方が空調効率が良くなるため、リビングで寝ているペットのために冷暖房をつけるかどうか迷う必要がありません。また、空気を攪拌しないから、ペットの毛をあまり巻き上げないこともメリットです。

家で過ごすことが多いペットには、家に遊びの要素を取り入れてあげることも、ストレス解消や運動不足改善のために必要です。猫タワーや犬猫ドア、犬が歩き回っても良いタイル貼りゾーンがあると、ペットものびのびと過ごすことができるでしょう。水槽やケージで飼うタイプのペットは、定位置が必要で、インテリアとのバランスを考えて配置計画をするといいですね。水槽には、水の入れ替えがし易いかどうか、電源は必要かどうかといった視点も必要になってきますので、設計の段階で、きちんと検討しておきましょう。

おしゃれなダイニングバーのような、雰囲気のある部屋にしたいと思っています。友達に自慢できるような、お洒落な部屋にするためのポイントを教えて下さい。

おしゃれな部屋にするためのポイントのひとつは、照明にこだわることです。間接照明を置いて、壁に光を反射させると、シックなホテルのような雰囲気が出せます。テレビの裏や、観葉植物、ソファの裏などに、照明を配置してみましょう。全体的に明るくなりすぎないようにすることが、落ち着ける空間になる秘訣です。

ボルダリングがほしいって子ども達がいうのですが、危なくないのでしょうか?

命綱を掛ける金具を設置する方法や、上ではなく横に移動させるタイプにするという対策があります。
 
たとえば、リビングの吹抜けにボルダリングを設けた場合、かなりの高さ登ることができて落ちた時のことを考えると心配ですよね。そんなときは、命綱を引掛ける金具も設置して、もしもの時に床にぶつからないように備えてはどうでしょう。遊ぶときは、スポンジマットなどを敷いておくこともできますね。
 
もう一つは、上にのぼるのではなく、横に移動するタイプすること。ショッピングモールなどでよく見かけますよね。
ホールド(つかまる部分)は高さ1m~1.5mくらいまでなので、落ちてもそれほど危険はないでしょう。

家の中でハンモックを使いたいけど、建物のどこに吊ればいいのか分かりません。

ハンモックは重い荷重がかかるので、あらかじめ設置する場所を想定しておきましょう。
 
一般的な設置箇所は、見せ梁などの構造部材です。ハンモックに人が乗ったくらいの重さなら、梁はびくともしませんが、念のため建築士には「この梁にはハンモックをかけたい」ということを伝えておきましょう。
 
天井に金物を付けて吊る場合は、下地が主要な梁や柱などにしっかり固定されている必要があります。これは必ず、設置場所を建築士に伝えてください。きちんと支えられる下地がないと、落下のおそれがあります。

薪ストーブを置きたいのですが、注意したほうがいいことはありますか?

目的が、インテリア性や採暖であれば、デザイン性や燃焼効率をメインに選べば良いでしょう。でも、もし、料理をしたいということであれば、オーブン付の薪ストーブを選ぶのも考えてみてはいかがでしょう。というのも、一般的な薪ストーブでも天板の上で湯を沸かしたりはできますが、火の状態によっては温まるのに時間がかかるし、ぶくぶくと沸騰するというところまで行かない場合があります。また、熾(おき/薪を燃やした後、炎がおさまった状態の炭火)を利用した料理も良いですが、火をおこしてから料理するまでに時間が掛かってしまいます。
 
また、薪を入手する方法や保管場所も、あらかじめ考えて置くことが肝心です。
薪に使う材料として向かないものとしては、竹と流木があります。竹は、急に燃えすぎますし、流木は塩分を含むため、薪ストーブを錆びさせてしまう可能性があるからです。

庭でダッチオーブンをしようと思っています。

庭だけで使うのであれば、足つきのキャンプ用がいいかもしれませんね。キャンプ用のメーカーならキャプテンスタッグ、ユニフレーム、コールマン、SOTO、ロッジ、サウスフィールドなどがあります。
ただし、時々はキッチンでも使いたいということであれば、足のついていないキッチン用がおすすめです。
一般的に新品のダッチオーブンは使用する前にシーズニングという「ならし」の工程が必要です。
最近では、このシーズニングが要らないものもあるので、初心者の方は、そうした製品を選択肢に入れるのも良いかと思います。

TOPに戻る